弁護士費用保険Mikataの被保険者証

離婚問題に使える弁護士保険。離婚にはこの保険一択では!?

私は子供の連れ去られ、そして離婚調停から審判や裁判を経験しました。期間にして約1年半。
そういった経験をし弁護士保険に加入することにしました。
まぁ、弁護士保険に入ったのは結構前なんですが、保険に入ってみた感想をふまえ今更アップします(^_^;)。

弁護士保険の会社をピックアップ

弁護士保険』の存在を知ったのは、離婚調停中にいろいろNETで調べてるときです。
なんせ私は弁護士を使わずに、離婚調停から裁判までやったので、すべてセルフです(^_^;)。
※弁護士相談はフル活用しました。

その後、どんな弁護士保険があるのか調べていくと、

・弁護士費用保険mikata(プリベント少額短期保険)
・弁護士保険コモン(エール少額短期保険)
・男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険(ジャパン少額短期保険株式会社)

の3つがありました。

 

ただ、3つ目の『 男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険』は、痴漢冤罪に特化した弁護士保険で、離婚問題は保証対象外なので除外して、

・弁護士費用保険Mikata(プリベント少額短期保険)
・弁護士保険コモン(エール少額短期保険)

2択になりました。

弁護士保険『Mikata』と『コモン』を比較

いろいろと調べた結果、『Mikata』と『コモン』の違いの要所を表にまとめました。

表中に出てくる『偶発事故』は、自動車事故のトラブル、自転車事故のトラブル、スポーツ事故のトラブル、火災爆発事故のトラブルなど。

『一般事件』は、職場のトラブル、賃貸・不動産など住まいのトラブル、男女のトラブル、離婚問題、相続の問題、金銭トラブル、こどものトラブル、いじめ、ハラスメント、インターネット上のトラブルなどです。

ですので、離婚問題は『一般事件』になります。

 

商品名
弁護士費用保険
Mikata
弁護士保険
コモン

(レギュラープラン)
弁護士費用保険Mikata
弁護士保険コモン
保険料
(月額)
2,980円/月
2,200円/月
商品の特徴
・実績が豊富(加入者13,000人超え、弁護士直通ダイヤルの利用数10,000件超え)
・トラブルを未然に防ぐためのアイテムが充実している
・ネットストーカーや冤罪の場合の無料弁護士サポートが充実
・補償範囲のカスタマイズが可能
弁護士費用の補償対象となる範囲
偶発事故(加害者・被害者)、近隣トラブル、労働トラブル 、相続トラブル 離婚トラブル、賃貸・不動産トラブル、いじめ・ハラスメント、インターネットのトラブル、リスク取引
上記のうち 支払対象外となるトラブル
リスク取引(金銭消費貸借、投機取引、連鎖販売取引など)
不担保期間
(保険が効かない期間)
偶発事故
なし
労働
3ヶ月
賃貸借
3ヶ月
離婚
1年
3年
相続
1年
2年
親族
1年
その他
一般事件
3ヶ月 (リスク取引1年)
3ヶ月
保険金
法律相談料
実費相当額(自己負担なし)
偶発事故
実費相当額(自己負担なし)
着手金:(基準 – 5万)×70%
一般事件
着手金:(基準 – 5万)×70%
保険金の支払い上限
法律相談料
2.2万円/1事案 10万円/年
偶発事故
300万円/1事案
200万円/1事案
一般事件
100万円/1事案
200万円/1事案
通算上限金額
1,000万円
保険利用(委任費用)の回数制限
回数制限無し
(同一年度中に)2回目以降利用する場合は免責金額が10万円で、3回目以降は保険の支払い対象外。
1年間で2回まで
3年間で3回まで
5年間で4回まで
付帯サービス
・弁護士直通ダイヤル
・リーガルカード・リーガルステッカー配布
・なんでも悩みごと相談ダイヤル
・無料弁護士セミナー開催(一部地域)
・弁護士紹介サービス
・弁護士トーク(チャットで法律相談できるアプリ)
・ネットストーカー・ヘルプナビ
・冤罪ヘルプナビ
・弁護士直通ダイヤル
・弁護士検索サポート
・示談交渉人案内サービス
・法律文書チェックサービス
・ハラスメントヘルプナビ
弁護士紹介
サービス
日本弁護士連合会を通じて、全国各地域の弁護士を紹介
※保険金の支払対象の方に限る
提携の法律事務所から紹介
支払方法
クレジット、口座振替
クレジットカードのみ

 

 

『弁護士費用保険Mikata』に決めた理由

私は弁護士保険の『Mikata』と『コモン』に2択の中で、『Mikata』に決めました。

一番の理由は、離婚問題の不担保期間(保険が効かない期間)が、
コモンが3年なのに対して、Mikataは1年だけだったこと。これが大きいです。

今現在は離婚が成立したとはいえ、面会回数についてなど、いつ何を言ってくるか分からない相手ですから(^_^;)。
実際、何かに付けて減らそうとしてきてます。。。

他には『保険利用(委任費用)の回数制限』に関してMikataは制限がないこと、日本弁護士連合会との繋がりも1つの決め手になってます。

 

弁護士法人Mikata公式ページ

 

 

弁護士直通ダイヤルがいい!

正直、この弁護士直通ダイヤルだけでも保険料の2,980円以上の価値があると思います。

上記でも書きましたが、離婚が成立したとはいえ、何かとしてくる相手なので、その時の対応など気軽に相談できるのが良いです。
後々に揚げ足を取られないためにも。

『弁護士費用保険Mikata』に加入

まずは資料請求してみた

さっそくパソコンから『弁護士費用保険Mikata』の資料請求をしました。
入力項目はこれだけです。
資料請求-『弁護士費用保険Mikata』

 

資料が届いた

資料請求後の案内メールでは、5営業日以内に発送となっていたのですが、2日で届きました。
ネコポスで資料到着-『弁護士費用保険Mikata』

 

資料内容

請求した資料にはどっさりと書類が。。。

もちろん弁護士保険の内容を書いたパンフレットから、
パンフレット-『弁護士費用保険Mikata』

 

重要説明事項や約款・振込用紙なども。
約款-『弁護士費用保険Mikata』

 

そしてMikataに加入

パンフレットや約款を一通り読んで、分からないこと・分かりにくかったことを電話で確認してから『弁護士費用保険Mikata』に加入しました。
主に、今の現状から今後の保険適用条件(状況)の確認と弁護士直通ダイヤルについてを確認しました。

そして後日、保険証書と被保険者証が到着しました。
弁護士費用保険Mikataの被保険者証

 

弁護士法人Mikata公式ページ